神武米 〜奈良県明日香村〜

神武天皇が建国された国

飛鳥地方には、第一代天皇の神武天皇が高千穂から東征してこの地で大和朝廷を建国されたという伝承があります。遠い昔から脈々と受け継がれてきた大和水田は稲作技術をこの地にもたらした神武天皇から始まっていると伝えられています。

この歴史ある奈良の土地で育ったお米”ヒノヒカリ”はお米の食味ランキングでは6年連続で特Aという最高ランクに選ばれています。ヒノヒカリは他のお米に比べてアミロースが高くあっさりとした上品な食味です。

美味しいお米が実るには、綺麗な水と豊かな土が必要です。山々から水田に流れている水は天水と呼ばれており、とても綺麗な水で田植えの終わった後には蛍が飛び交います。

厳しい自然と向き合い守り続けてきた土地

奈良盆地に広がる大和水田の多くは大台ヶ原の山々から流れ出る吉野川分水の水で潤っています。土は農家の方々が豊かである反面、とても厳しい自然と向き合い、調和しながら先祖代々整え守り続けてきました。

しかしながら、奈良県産米の美味しさの認知度は非常に低く、また奈良県は休耕田が県の面積の1割を占めており、農業者の高齢化と後継者不足が問題となっています。

このまま休耕田が増えれば観光名所である棚田の風景や豊かな自然が失われてしまいます。

地域を想う気持ちから産まれた「神武米」

そこで、奈良県産のヒノヒカリの美味しさを知ってもらい、もっと多くの人々にお届けしたい、奈良の素晴らしい歴史や文化を地元の方々も含めて知って欲しい、ゆくゆくは休耕田や休耕地を再生し飛鳥地方の自然と地域の宝を守り、地域全体を豊かにしたいという思いがむすばれて【神武米】は生まれました。

奈良県明日香村にご興味を持たれた方は是非、足を運んで見てくださいね!
詳しい情報はコチラ

こちの記事を気にいってくださった方は、シェア・いいねの方も宜しくお願いします

公益社団法人日本青年会議所近畿地区協議会

ピックアップ記事

お知らせ

PAGE TOP