株式会社 花芳-芳田真史-

1.起業したことは何か?

創業45周年にして自社のメインの商圏である湖南市が打ち出す指定管理者制度という政策の中で自社の既存のサービス(造園業、エクステリア業務、土木建設業、イベント企画業、観葉植物リース業)を用いながら新たに飲食業、広報業を立ち上げました。

2.どのようなサービスを提供しているのか?

指定管理者制度を用いた中で湖南市魅力発信拠点施設という名称の名の通り、湖南市の既存、これからの魅力をブランド化して発信していく施設の運営。

飲食業を通して、市内の農作物を利用し、独自のメニュー開発、提供を行う事で農業推進のまち湖南市のイメージを強固なものにし、市内農作物の地産地消サイクルの好循環を図ります。

広報事業を通じてHP.VP制作を通じて、時代に合った価値の向上を提案する事で企業、民間、行政、市自治体の知名度の向上が図れ、当社が行う広報事業を通じて各種工業、商業、観光、市民満足度の向上を狙います。 催事事業を通じて、市民企業各種団体が施設のイメージを利用して価値のある催事誘致や自主開催を実施し、地域資源に目を向け、魅力ある市を創造します。

3.お客さんの反響?

長期的に市の政策として練られた施設がオープンし、注目度の高い中オープンをきることができた。

お客様からの反応として大きいのは

どうせ行政が考える施設なのであまり突出することのない空間、施設が生まれるとの事前のアンケート。 その中で当社本来の造園業の強みを生かし施設全体を緑やエクステリア雑貨を使用し、異空間を演出することを意識した。提供する料理に関しても行政からの提案内容でもあった枠を打ち破り、フランス料理という形で提案し、市内飲食業の新たな形を提案しております。また若年層の目線も取り入れた大きなキッズスペース等、多目的に使えるエリアで地域資源であるヒト、モノ、をprすることで幅広い方々に使用していただけております。

公益社団法人日本青年会議所近畿地区協議会

ピックアップ記事

  1. 2019/8/1

    滋賀県 HAT 

お知らせ

PAGE TOP